2011年04月20日

「復興」を叫ぶのはまだ早い

東日本大震災から1カ月以上経ちました。

「復興」、「復興」と巷ではかまびすしいですが
まだ早すぎやしませんかと思います。

大体、家族、親戚、友人知人を亡くされた方にとっては、
四十九日も終わっていません。
それどころか、火葬もできず、お経の一つも
あげられないでいるようです。

被災された現地の方がどう思われるかはわかりませんが、
私は、この「復興」の大合唱は、
被災地以外の人間の親切の押し売りの様な気がします。

私の自宅も3月11日の地震で断水し、
(10日くらいで復旧しましたが)
今も余震がくるとぞっとします。

まだ、大きな余震が来る可能性も指摘されています。
福島原発も落ち着いていません。

このタイミングで、「復興」を求める声は、この地震を
対岸の火事と思っているからこそ言えることなのでは。

被災地では、家も家族も仕事も失くしている方が多いです。
まだ茫然自失の状態ではないでしょうか。
被災地の方が今求めるのは、将来の見通しであり
「頑張れ」と今言うのは、時期尚早でしょう。
posted by 小林 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

引っ越しと震災

3/11(金)の大地震…
当然、個人確定申告の真っ最中なわけです。

お客様にご来所いただき、
確定申告の内容を説明して、
お見送りして、さあ、次の処理にというタイミングでした。

いやあ、揺れましたよ。本当に。
命の危険を感じました。

エレベータは止まっているし、動いていても危ないしで
階段で一気に地上までかけ下りました。
うちは、10階なので、本当に大変でした。

後日、不動産屋さんに会って、余震の恐怖から
もうちょっと下の階に移りたいと相談したのですが、
このビルは、鉄筋が通常より多く入っており、
丈夫とのこと。
ちょっと安心しました。

規模の拡大に合わせて、これまで何回か事務所を移ってきましたが、
次の引っ越しは、耐震のことも考えなければ、です。

今回の物件をご紹介いただいたのは、
こちらの「東京オフィス検索」

http://of-tokyo.jp/


探しているエリアと坪単価、大きさを
登録しておけば、
メールで該当物件が送られてきます。

こちらの石田さんには、
いろいろご提案いただきました。

若くてカワイイ感じです。


まあ、ですけどね(笑)。
posted by 小林 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。