2008年06月27日

物価高に立ち向かう

 原油がまた値を上げましたね。

 中国をはじめとする高度成長中の国々の需要が高まっているのが、そもそもの原因だと思われますが、投機資金も相当入っている模様。恐らく、増産は簡単にできないのでしょうね。


 人口が増加すると、電気を使います。発電は火力が多いですから、原油を使います。人口の増加は食料の需要が高まることを意味しますので、食料も高くなります。悪いことに、原油が高くなると、農作物も高くなります。農機具はガソリンを使いますし、ビニールハウスは電気を使いますから。


 というわけで、物価高については、まずは人口増がそもそもの原因です。経済発展がそれに輪をかけ、投機資金が入ってさらに加熱すると図式なわけです。


 で、個人はどうするか。物価高について、文句を言いつつも、しょうがないなとあきらめる、何か方法があるかと考える。どちらを選ぶのも自由です。物価高はこれからも続きそうな気配ですし、仕事で頑張って収入を増やすのも限界があります。


 そこで、私が考えたのは、この物価高に乗る、ということです。原油や食料を買い付け、売却し、差益で物価高に立ち向かう。具体的には商品先物です。最近ではCXと呼ばれています。成績はまあ、ボチボチ。ハイリスクハイリターンの投資になりますが、定期預金よりはましです。どうなるかわかりませんが、ガソリン代くらいは稼げたらいいな…


NY原油、初の140ドル突破=リビア減産検討の報で供給懸念
6月27日6時0分配信 時事通信


 【ニューヨーク26日時事】26日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、リビアの減産検討報道を受けて供給懸念が再燃し、米国産標準油種WTIの中心限月8月物が史上初めて1バレル=140ドルを突破した。電子取引では一時140.39ドルまで急伸し、今月16日につけた取引途中の最高値(139.89ドル)を10日ぶりに塗り替えた。
 同限月は前日終値比5.09ドル高の139.64ドルと急反発して取引を終え、終値ベースの最高値も20日ぶりに塗り替えた。
 原油先物は根強い需給逼迫(ひっぱく)感や投機的資金の流入、ドル安の進行を背景に上昇を続けており、今年1月2日に初めて100ドル台を記録して以来、半年足らずの間に40ドルも値を上げた。

Yahoo Newsより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080627-00000019-jij-int

posted by 小林 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。